Intel 9900KSで作る最強自作ゲーミングPC おすすめパーツ構成 ~予算37万~

パーツ構成

Intel 9900KSで作る最強自作ゲーミングPC

 FPSなどの3DゲームをプロゲーマーやYouTuberのように高画質高FPS(フレームレート)でプレイしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?そんな方のために現在、最高のゲームプレイ環境を実現できる最強の自作ゲーミングPCのパーツ構成をご紹介します。

わかること
  1. 最強ゲーミングPCのパーツ構成
  2. 最強ゲーミングPCに使う各パーツの特徴
  3. 最強ゲーミングPCの性能

 本記事ではCPUに、つい先日ようやく発売されたIntelのゲーミング最強CPU、Core i9 9900KSを使用します。Intelと並ぶ有名CPUメーカー、AMDのメインストリーム最強CPURyzen 9 3950Xを使用した最強ゲーミングPCのパーツ構成も紹介しているので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

9900KSで作る最強自作ゲーミングPCの特徴

  • CPUのクロックが高い(最速)
  • ゲームでは最高のFPS(フレームレート)を出せる Intel(Core-i) > AMD(Ryzen)
  • クリエイティブソフトでも十分な性能(動画編集もOK)
  • ゲーム以外のクリエイティブソフトなどでのコスパはRyzen CPUに劣る
  • CPUの発熱が激しい ➡ CPUの寿命が短い可能性がある
  • 消費電力が大きい

 本記事では Intel のメインストリーム最強 CPU 、Core i9 9900KS を使用した最強ゲーミングPCのパーツ構成をご紹介します。

 FPSゲームをはじめとした3Dゲームにおいては最適な構成です。少しでも高いFPS(フレームレート)でゲームをしたい!という方には非常におすすめの構成です。
しかし、AMD の Ryzen CPU と比べると、クリエイティブソフトなどゲーム以外においてのコストパフォーマンスが低いです。

要するに・・・
 ゲーム メイン ➡ おすすめ
 クリエイティブソフト もやりたい ➡ 微妙

 

パーツ構成

  製品名 メーカー 最安値(価格.com) 楽天価格 Amazon価格
CPU Core i9 9900KS Intel  ¥65,790   ¥66,000   ¥66,000 
マザーボード Z390 AORUS MASTER GIGABYTE  ¥31,030   ¥32,780   ¥31,659 
グラフィックボード RTX2080Ti GAMING X TRIO MSI  ¥150,869   ¥155,980   ¥153,173 
メモリ Trident Z Neo DDR4-3600 32GB(16×2) G.Skill  ¥ 22,989  ¥ 26,664  ¥ 23,900
CPUクーラー KRAKEN X72 NZXT  ¥21,789   ¥21,978   ¥22,009 
システムドライブ 970 EVO PLUS 500GB SAMSUNG  ¥14,500   ¥14,642   ¥15,142 
データドライブ     ¥-   ¥-   ¥-  
電源 HCG1000 EXTREME ANTEC  ¥19,342   ¥19,342   ¥19,484 
ケースファン Dynemic X2 GP-14 x3(ケース付属品) Fractal Design  ¥-     ¥-     ¥-   
PCケース Vector RS Tempered Glass Fractal Design  ¥26,035   ¥28,660   ¥26,058 
OS Windows 10 Home Microsoft  ¥15,402   ¥16,602   ¥16,343 
合計金額      ¥ 367,746  ¥ 381,262  ¥ 373,768
・表示価格は記事制作時(2019年11月19日)の値段で現在の価格とは異なる場合があります。メモリのみ(2019年11月22日)の価格です。
・いずれも消費税込み(10%)の価格です。(消費者還元サービスなどは考慮していません)

 当ブログではメーカーの公式ホームページなどを精査した上でPC構成を紹介していますが相性問題や、仕様の変更等により正常に動作しない場合も想定されます。そのような場合に当ブログは責任を負いかねますので、ご自身でもご確認をよろしくお願いいたします。

 

パーツ解説

AMD 3900Xで作る最強自作ゲーミングPC』との共通パーツの解説は一部、同様の内容になっています。

CPU

【Intel】Core i9 9900KS

コア / スレッド 数 8 / 16
ベース / ブーストクロック 4.0 / 5.0 GHZ
製造プロセス 14 nm
TDP 127 W
保証 1 年
ポイントゲーミング最強のCPU
・電力消費量が多い
・爆熱
 

 先日発売されたばかりのIntel最新のCPUで、全コア5GHzでの動作が可能(現状最速)。そしてクロック数がFPS(フレームレート)に強く影響するゲームにおいては、現状最強のCPUです。

しかしながら9900KS自体は最新のAMD Ryzenに対抗するために急遽発表されたモデルで、中身はCore i9 9900Kとほとんど同じ。製造時、強引にクロックを引き上げただけと考えたほうが良いでしょう。そのため9900Kを手動OCで全コア5GHZにして、疑似的に9900KSを再現することも可能です。(有名オーバークロッカーの方がYouTubeにその様な動画をアップされているので気になる方はぜひ ➡ YouTube

それ故に消費電力や発熱量が異常な数値になっています。高負荷時の消費電力はなんと300W越え!(9900K 比:+40~50 W 、 3900X 比:+90 W) また負荷がかかり始めると数十秒で100℃にまで達してサーマルスロットリング(安全装置)が作動、クロックが全コア5GHZを維持しなくなります。そのため全コア5GHZでの常用は不可能と考えるのが良いでしょう。そして9900Kや9900KFと比べて寿命が短い可能性も十分考えられます。

またIntelは9900KSを(Core i7 8086Kのような)限定モデルとして市場に出しているようです。

 CPUの寿命を縮めかねない無理のあるクロック設定や、限定モデルとしての販売からか、9900K など通常のCore iシリーズが3年保証なのに対して 9900KS は1年保証となっています。

(参考ページ : 大手メディアASCIIさんの記事

まとめると・・・Core i9 9900KSはゲームでは最強!FPS(フレームレート)を少しでも上げたい方にはおすすめ
でもCPUを長く大切に使っていきたいという気持ちが少しでもあるなら、「9900K」や「9900KF」がおすすめ
本記事では『最強』のゲーミングPCをコンセプトとしているので『Core i9 9900KS』を選択
 

価格.com

公式製品ページ

 

マザーボード

【GIGABYTE】Z390 AORUS MASTER

ソケット LGA1151
チップセット Z390
フェーズ数 12+2
保証 2 年
ポイント超お得なハイエンド Z390 マザーボード
・性能、機能バッチリ
・保証期間が長い
 

 GIGABYTE製のZ390 AORUS MASTERはCore i9 9900KSを動かすためのLGA1151ソケット、Z390チップセットを搭載したマザーボードの中では上位クラスのモデルにあたります。他メーカーの同等クラスの製品が4万円近くする中、このマザーボードは3万円弱で購入できるため非常にコスパに優れています

 上位クラスのマザーボードなので、性能や機能もバッチリで、ゲーミングモデルとあってオーディオ関係も充実しています。また自作PC界隈では著名なライターさん(前記のASCIIさんの記事をかかれた方)もレビューなどで使用されているので、マザーボードとしての性能は折り紙付きです。

 他メーカー製のマザーボードが軒並み 1 年保証なのに対して、GIGABYTEのマザーボードは2倍!購入から2年間は補償が効くのです。そのため信頼性もGOOD

(参考ページ : エルミタージュ秋葉原さんのレビュー記事

 私もメインPCで同じハイエンドクラスのZ390マザーボードを使っていますが、買った当時は5万円以上で購入したので、この Z390 AORUS MASTER は非常にコスパが高く、お買い得です!!

 

GIGABYTE Z390 AORUS MASTER
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

価格.com

公式製品ページ

 

グラフィックボード

【MSI】GEFORCE RTX 2080 TI GAMING X TRIO

GPU(グラフィックチップ) RTX2080Ti
ビデオメモリ / メモリスピード GDDDR6 11GB / 14Gbps
ベース/ブースト クロック 1350 / 1755 MHZ
保証期間 1 年
映像出力 DisplayPort 1.4 x3 , HDMI 2.0b x1 , USB Type-C x1
ポイント最強のGPU
・リアルタイムレイトレーシング対応
・『冷える』クーラー
 

 「MSI GEFORCE RTX 2080 TI GAMING X TRIO」に搭載されているGPU、RTX2080Ti はRTX20シリーズの中で最高の映像処理能力をもつ、最強のGPUです。そのため最新の3Dゲームにおいて高FPS(フレームレート)を維持し快適なゲームプレイが可能です。

またRTX20シリーズなので「RTコア」や「Tensorコア」を搭載しているため『リアルタイムレイトレーシング』や『DLSS(ゲームでFPSを向上させる設定)』を利用可能です。特にリアルタイムレイトレーシングによる映像美は圧巻で、3Dゲームにおける臨場感が格段に増し、ゲームプレイを更に楽しい体験してくれます。

 ビデオメモリは最新のGDDR6を11GBも積んでいるため、WQHDや4Kといった高解像度でのゲームプレイにおいても高FPS(フレームレート)を維持してくれます。

 MSIのグラフィックボードに搭載されているクーラーは『冷える』と評判が良く、国内外人気メーカーの1つです。同メーカーが採用するクーラーにも空冷から水冷まで様々な種類があり、それぞれに特徴や冷却性能の違いがあります。
そしてこの「MSI GEFORCE RTX 2080 TI GAMING X TRIO」に搭載されているクーラーはいくつか種類があるMSIの空冷クーラーのなかで最も冷却性能が高いモデルです。そのため高性能なGPU、RTX2080Tiも十分に冷却でき、グラフィックボードをフルで使うゲームにおいても長時間、安心して使用できるでしょう。またグラフィックボードを低温に保つことによって、高い処理能力も維持できますし、寿命を延ばすことにもつながります。

(参考ページ :
 AKIBA PC Hotline さんのレビュー記事
 4Gamer さんのレビュー記事

 RTX2080Tiであれば、向こう5年は最新のゲームを最高画質で高FPS(フレームレート)で遊ぶことができるでしょう。またRTX2080Ti は最近、有名メジャーリーガーの方がツイッターで取り上げるなどして話題になりました。

 ここからの話をどの様に捉えるかはあなた次第 (*´з`)(判断は自己責任でお願いします。)
1、次世代のグラフィックボードが、あと1~2年で出る(ほぼ確実)
次世代GPUが発表されると 80Ti と同等性能の製品がもっと安く買えるようになるでしょう。(実際にいつ発表されるか分かりませんし、この1~2年をどう捉えるかは、人それぞれです。)
2、RTX2080Ti SUPER !?(噂)
RTX2080Tiよりも更に高性能(2080Ti < 2080Ti SUPER <TITAN RTX)な20 SUPERシリーズの2080Ti SUPERが発表される可能性があり、その存在が一部で噂されています。
ただし、私的にはその可能性は低いのではないかな?と思っています。というのも2080TiとTITAN RTXのゲーム性能は誤差で、その間に入る隙間がないから。そしてライバルであるAMDにハイエンドGPU市場において今の状態でも十分、優位に立っているからです。

 
MSI GEFORCE RTX 2080 TI GAMING X TRIO
Joshin web 家電とPCの大型専門店

価格.com

公式製品ページ

 

メモリ

【G.Skill】Trident Z Neo DDR4-3600 32GB (16×2)

容量 32 GB (16GB x2)
規格 DDR4-3600
ポイントデザインがいい!
・将来性も考えたメモリ容量
 

 RGB LED搭載ヒートシンクを備えたメモリが数多くある中、G.Skill の Trident Z Neo は特にデザインが良く性能や信頼性も高いため非常に人気があります。そのため『最強のゲーミングPC』にはピッタリです。

 最近はメモリを大量に使うゲームが増えいていて、16GBは必要となっています。今の状況では16GBもあれば十分なのですが、メモリの価格が下がっていることや、更に多くのメモリ容量を使うゲームが登場してくる近い将来のことを考えて、当記事の構成では32GBを選択しました。

(参考ページ : PC Watch さんのレビュー記事

Trident Z Neo は第3世代Ryzen向けにチューニングされたメモリなのですが、メーカーによるとZ390マザーボードでも使えるとのことなので当記事の構成でもOKです。

この『チューニング』とはオーバークロックのための調整なので、手動でクロックが伸びにくいことがあるかもしれませんが、ゲームなど通常の使い方で問題が起こることは無いでしょう。

 

価格.com

公式製品ページ

 

CPUクーラー

【NZXT】Kraken X72

ラジエーターサイズ 360 mm (120 mm x3)
ポンプスピード 1,600 ~ 2,800 ± 300 RPM
付属ファン Aer P120
ファン回転速度 500 ~ 2,000 ± 300 RPM
ファンノイズレベル 21 ~ 36 dBA
保証期間 6 年
ポイント上品な見た目
・『冷える』高性能CPUクーラー
・筆者も使用
 

 現在、販売されいてるCPUクーラーの中ではトップクラスの冷却性能を持っています。そのため、爆熱のゲーミング最強CPU、9900KS を冷やすためのクーラーとしては最適な簡易水冷CPUクーラーです。

 NZXT の Kraken シリーズ の特徴の1つは、水枕部分のライティングです。ピカピカ✨光るCPUクーラーはたくさんありますが、Kraken シリーズ ほど上品に光る製品はありません。とても綺麗なのでおすすめです。

筆者の私も使用しています!
Kraken x72のライティングは本当に上品で綺麗です。また発熱の多い 9900K も十分に冷えていますし、問題も起きていません。そのため最強のゲーミングPCを組みたいという方にもおすすめです。

 

価格.com

公式製品ページ

 

システムドライブ

【SAMSUNG】970 EVO PLUS 500GB

容量 500 GB
インターフェース PCIe 3.0 x4
NAND MLC
最大 読み込み/書き込み 速度 3,500 / 3,200 MB/s
ポイント最速M.2 SSD
・筆者も使用
 
 PCIe 3.0 接続のNVMe M.2 SSDの中では最速のSSDです。他にも読み込み速度が速いNVMe M.2 SSDはいくつかありますが、970 EVO PLUS のように書き込み速度がこれほど早い製品はありません。
 NANDがMLCで耐久性も高いため、長期的に安心して使用できます。
 システムドライブは主にOSのインストールや、主に遊ぶゲームなどを入れるために使う事を想定しているため、容量は500GBにしました。500GBも容量があれば、最低でもゲームを5作品くらいは入れられるはずです。もっと多くのゲームを入れたかったり、容量に余裕が欲しい場合は970 EVO PLUSの1TBモデルなど更に大容量な製品を選ぶか、データドライブを追加すると良いでしょう。
 筆者も同じ970 EVO PLUSの500GBモデルを、メインPCのシステムドライブとして使用しいます。OSや各種ソフトにの起動も速いですし、安定しているのでおすすめです。
人によってインストールしたいゲームの本数や、用途に違いがあるため、当記事ではシステムドライブのみを紹介しています。
 

価格.com

公式製品ページ

 

電源

【ANTEC】HCG1000 EXTREME

電源容量 1,000 W
80PLUS GOLD
規格 ATX
保証 10 年
ポイント・大容量
・フルモジュラー
・高耐久
 
 すべてのコンデンサ(部品)が日本製であったり、サーバーグレードの品質設計がされるなど、耐久性に優れています。また保証期間が10年と非常に長く設定されているので壊れる心配も低く、仮に購入後、数年たってから不具合が出ても保証が効くので安心です。
 フルモジュラータイプ(すべての電源ケーブルが抜き差し可能)の電源ユニットなので、PC内部の見た目もスッキリ✨
 当記事の構成はCPUが 9900KS 、グラフィックボードが RTX 2080Ti で、どちらも電力をかなり要するため、余裕をもって電源容量 1,000 W を選択しました。
1,000Wもあれば、9900KS と RTX2080Ti を安定して動かすことができるでしょう。
 
ANTEC アンテック HCG1000 EXTREME HCG1000 EXTREME
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

価格.com

公式製品ページ

 

ケースファン

【Fracral Design】Dynamic X2 GP-14 (x3)

ファンサイズ 140 mm
回転速度 1,000 RPM
ノイズレベル 18.9 dB
ポイント・PCケース付属品
・筆者も使用
 
 下記のケースに付属するケースファン(取付済み)です。ファン単体で購入すると、2,000円以上するので3つ付いているのはお得です。
筆者はフル回転で使っているため、イヤホンをしていないと、音が少し気になります。音を気にされる方だったり、RGB LED搭載のケースファンを使いたい方は別途、買っても良いでしょう。
 
Dynamic GP 14
ミスターポストマン楽天市場支店

価格.com

公式製品ページ

 

PCケース

【Fractal Design】Vector RS Tempred Glass

サイズ ミドルタワー
寸法 552 x 233 x 498 mm
重量 13.98 kg
ポイント・3面ガラスパネル
・RGB LED 搭載
 
 最近はやりの多面ガラスパネルを採用した、高級PCケースです。多面ガラスパネルにより様々な角度から、パーツを眺めることができ、豪華なパーツ達を更に引き立ててくれます。
Vector RS は上面のパネルをガラスとフィルターに変えることがきるため、見た目を重視したい時とエアフローを重視したい時とで柔軟に対応できます。
 前面と上面にアドレッサブルRGB LED(色や光り方をカスタマイズ可能)を搭載しているため、ゲーミングPCらしく豪華に光らせることが可能です。またLEDはGIGABYTE、ASRock、ASUS、MSIのライティングコントロール機能に対応しているので、ほとんどのマザーボードで簡単にカスタマイズできます。
 カラーバリエーションが 2種類 ありますが、これらの違いは各ガラスパネルの色の違いですので、好みの方を選べば良いでしょう。
筆者も同メーカーのPCケースを使っていますが、各面に付いているフィルタが優秀で、内部にホコリが入らず、掃除が楽チンです。
 
FRACTAL DESIGN Vector RS
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

価格.com

公式製品ページ

 

OS

【Microsoft】Windows 10 Home

 自作パソコンの OS としては最も一般的な OS です。

複数人での作業共有や、セキュリティーを強化したい方(主に業務用)は Pro でも良いでしょう。

 

Windows 10 Home
ぱーそなるたのめーる

価格.com

公式製品ページ

スポンサーリンク

まとめ

 改めて上記の構成のポイントをおさらいしましょう。

ポイントゲーミング性能
クリエイティブ性能
省電力性
長期運用 
コスパ
 自作パソコンで、ゲームしかしないのであれば非常に良い構成です。また動画編集などのクリエイティブソフトにおいては ベスト ではありませんが、 ベター な構成です。そのためゲームをメインでやりつつ動画編集もチョットやりたい という方にはおすすめです。
しかし動画編集や開発などを本格的にやりたいのであれば、今後、公開するAMD Ryzenを用いた構成のほうが良いでしょう。
 

ゲーミング性能

 実際にゲームだと、以上の構成でどのくらいの性能(FPS)を出せるのかや、他のCPUとの比較を以下の動画で確認してみてください。

以下の動画の構成はほとんど同じで、本記事の構成でも同じような性能を出すことができます。しかし全く同じ環境ではないので実際とは異なる可能性もあります。そのため各数値は参考までにお願いします。

9900KS vs 3900X

 当記事で紹介している Core i9 9900KS と価格、性能で近い AMD の Ryzen 9 3900X とで比較している動画です。

Core i9 9900KS vs. Ryzen 9 3900X
Ryzen 9 3900X Vs. i9-9900KS | 1080p and 1440p Gaming Benchmarks
どちらもメインとなるパーツ(CPU & GPU)は本記事と同じモノを使用しているので、実際の性能とかなり近い数値になっています。

9900KS vs 9900K

 当記事で紹介している Core i9 9900KS と下位モデルの Core i9 9900K とで比較している動画です。英語の動画ですが苦手な方でも十分、理解できます。

Intel Core i9 9900KS vs i9 9900K Test in 10 Games
GPUはいずれも RTX2080 SUPER(当記事とは異なる)を使用しているので、本記事の構成の性能とは違います。この動画では上位の 9900KS と 9900K とで、とのくらい違いが出るのかを見てみてください。

参考記事

 以下のページはいずれも国内大手メディアの記事です。

ASCII さんの記事

PC Watch さんの記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました