Ryzen 9 3950Xにはこのマザーボードがオススメ

おすすめパーツ

Ryzen 9 3950Xにはこのマザーボードがオススメ

 先日、公式に発表されメインストリームRyzen最上位モデルのRyzen 9 3950におすすめのマザーボードをご紹介します。

スポンサーリンク

Ryzen 9 3950Xとは

仕様

コア数        : 16
スレッド数      : 32

基本クロック     : 3.5GHz
最大ブーストクロック : 4.7GHz

L1キャッシュ     : 1MB
L2キャッシュ     : 8MB
L3キャッシュ     : 64MB

プロセスルール    : 7nm

TDP         : 105W

付属CPUクーラー   : Wraith Prism with RGB LED

国内価格        : ¥98,780‬

発売日         : 2019年 11月 30日

 

筆者の見解

初めてRyzen 9 3950Xの仕様を見た方は同社が出しているThreadripperシリーズのCPUではないかと目を疑ったのではないでしょうか?

またRyzenシリーズということでソケットは従来の『AM4』、そしてチップセットはAM4ソケットのチップセットであれば(B450などでも)動作可能とのことです。
(流石にこのクラスのCPUをX570以外で運用する方は多くはないと思いますが・・・)

しかし16コア32スレッドで最高4.7GHzで動作するCPUを十分冷やすとなると、上位の360mmラジェレーターを搭載した簡易水冷CPUクーラーや本格水冷などが必要となってくるのではないでしょうか。

またRyzenのヒートスプレッダーサイズで冷却しなければならないので熱伝導率の高いCPUグリスも必要になると思います。

何にせよ16コア32スレッドのCPUをAM4のサイズで実現できるとは凄いなぁと感じます。

肝心なお値段ですが米国の市場想定価格が749ドルですから、日本市場では9~10万円程度になるのではないかと私は予想しています

先日、公式に発表された国内での販売価格は98,780‬円です。

 

マザーボードについて

Ryzen 9 3950Xを使用するマザーボードについてですが先ほども述べたようにAM4ソケットのマザーボードであれば動かすことができます。

しかし16コア32スレッドを安定して動作させるにはCPU電源が充実したマザーボードや、第三世代Ryzenを想定して設計されたX570マザーボードでの運用が望ましいでしょう。

今回はそのようなRyzen 9 3950Xに適したマザーボードを用途別にご紹介します。

 

CPUクーラーについて

 Ryzen 9 3950XのCPUクーラーには280mm以上のラジエーターを備えた簡易水冷クーラーが推奨されています。

・冷えるおすすめの簡易水冷CPUクーラーはこちら

用途別オススメCPUクーラー ~水冷~ 2019自作PCまとめ
『簡易水冷』の仕組みそしてメリット・デメリット、選び方、オススメのシリーズ(製品)について解説、紹介していきます。

 

オススメマザーボード

X570 Taichi

これを買っておけば間違いない!
・Wi-Fi 6 802.11ax(2.4Gbps)
・Intel ギガビットLAN
・PCIe 4.0×16 (3)
・PCIe 4.0×1 (2)
・Hyper M.2 : PCIe Gen4 ×4 (3)
・14フェーズ
 
Ryzen 9 3950Xで使うのにも申し分ないASRock製のマザーボードで、記事執筆時点(2019/09/25)の最安値が30,000円とX570マザーボードの中では、手を出しやすいハイエンドクラスのモデルです。

またDr.MOSなどこの価格帯では珍しい充実した電源設計により、16コア32スレッドのRyzen 9 3950Xも安定して動作させることが可能でしょう。

ASRock X570 Taichi
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

MEG X570 ACE

ゴージャスなゲーミングマザーボード
・Wi-Fi 6
・2.5G GAMING LAN
・PCIe 4.0×16 (2)
・PCIe ×4 (1)
・PCIe ×1 (2)
・15フェーズ
 
2.5GのゲーミングLANAudio Boost HDGame Boostなどの機能を備え、そのゴージャスなデザインからもゲーミング用途で使用するX570マザーボードとしては適していると言えるでしょう。

また15フェーズの電源重厚なヒートシンクも備えているためRyzen 9 3950Xを長時間、ゲーム等で使用するのも問題ないでしょう。

 

X570 Phantom Gaming-ITX/TB3

Ryzen 9 3950X搭載ミニPCを組みたいもの好きの方はこれ!
・Mini-ITX
・Wi-Fi 6 802.11ax(2.4Gbps) +TB5.0

・Intel ギガビットLAN
・PCIe 4.0×16 (1)
・Hyper M.2 : PCIe 4.0×4 (1)
・10フェーズ
 
他のATX、EATXサイズのマザーボードと比べてフェーズ数は少ないものの、他の機能は遜色がありません
しかしこのサイズでかなり機能が充実していることもあり、少し割高感があります

またAM4ソケットにLGA115xのCPUクーラー用取付穴を採用するなどかなり特殊なマザーボードですので『普通の人』にはあまりオススメできません。

ですがRyzen 9 3950X搭載のミニPC、持ち歩きPCなどを組みたい物好きの方にはかなり魅力的なマザーボードではないでしょうか。

ASRock X570 Phantom Gaming-ITX/TB3
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
 

X570 AQUA

世界限定999枚の超貴重な本格水冷専用マザーボード
※購入を考えている方はお早めに!

・Intel Wi-Fi 6 802 11ax(2.4Gbps)+BT5.0
・AQUANTIA 10G LAN & Intel ギガビットLAN
・PCIe 4.0×16 (3)
・PCIe 2.0×1 (3)
・PCIe 4.0×4 (2)
・14フェーズ
 
見ての通りCPU電源からソケット、チップセットまでを覆う水枕が標準で搭載しているため本格水冷での利用が前提となっています。

そして現状最高の機能を性能が盛り込まれたマザーボードで、メモリはなんと5200MHzまで対応しています。

そのため価格はなんと136,700円と、RTX2080Tiが購入できてしまう値段です。
現在価格.comで確認したところ『ビックカメラ』のみの予約販売で、ビックカメラのポイントが13,670円相当もらえるそうです。そうなると実質123,0000円!? 

・・・それにしても高い(;’∀’)
ASRock X570 AQUA
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
 

ROG CROSSHAIR VIII FORMULA

機能が充実した空冷・簡易水冷・本格水冷どれでも対応可能なマザーボード
・Wi-Fi 6 (802.11ax)
・5Gbps LAN
・PCIe 4.0×16 (2)
・PCIe 4.0×16形状(×4) (1)
・PCIe 4.0×1 (1)
・PCIe 4.0×4 (2)
・16フェーズ
 
本格水冷で組みたいけれど、X570 AQUAはチョット・・・という方にはオススメ(CPUの水枕を購入する必要はありますが)

もちろん空冷や簡易水冷でも使用することが十分可能です。
(筆者もメインで同シリーズのZ390モデルを簡易水冷で使用していますが問題ありません)

また他社のフラグシップモデルと比べて十分な性能と機能を有しOLEDなどの機能がある割にはお得感があります。

そして16フェーズとかなりフェーズ数が多いのでRyzen 9 3950Xにもピッタリです。
ASUS ROG CROSSHAIR VIII FORMULA
パソコンパーツのアプライド

 

スポンサーリンク

まとめ

・これを買っておけば間違いない ⇒ X570 Taichi

・ゴージャスなゲーミングマザーボード ⇒ MEG X570 ACE

・ミニPCを組みたい物好きの方 ⇒ X570 Phantom Gaming-ITX/TB3

・超貴重な本格水冷専用マザーボード ⇒ X570 AQUA

・機能が充実した冷却方法を問わないマザーボード ⇒ ROG CHROSSHAIR VIII FORMULA

 
今回はあまり初心者方向けではない内容なので面白味のあるASRockの『X570 Phantom Gaming-ITX/TB3』や『X570 AQUA』を紹介したことでASRockの商品が多くなってしまいましたが、ASRockASUSGIGABYTEMSIをはじめどの会社もとても良いX570マザーボードを販売しています

そのためぜひご自身でも価格.comなどで比較してみてください。

今回の記事では少し面白味を出しましたが決していずれの商品もRyzen 9 3950Xを搭載するのにオススメですし、手を抜いた内容ではございません。(`・ω・´)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました