自作PC 用途別オススメのメモリ容量 初心者向け解説

初心者向け

自作PC 用途別オススメのメモリ容量、枚数 初心者向け解説

初心者の方はメモリ容量枚数をどうしたらよいか分からないと思います。当記事ではそのような方のために用途別にオススメの容量や枚数などをを、その理由なども交えてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

用途別オススメのメモリ容量

メモリ容量は基本的に16GBがオススメ
 
 

 

ゲーム

最近のゲームではメモリ容量をかなり必要とするものが増えているため16GBがオススメです。

 

しかし、どうしてもメモリを買う余裕がない方は8GBでも問題はないと思います。(8GBではかなりギリギリの場合があるので、正直オススメはできないです。)

 

また16GBでもゲームをするには十分ですが、ゲームとは別に大容量のメモリ容量が必要な作業をする方やロマンを求める方などは32GB以上のメモリ容量を選ばれてもいいかと思います。

 

 

動画編集

動画編集ではかなりメモリ容量を必要とします。

 

Full HD動画の編集では16GBがオススメです。(私もメモリ容量16GBの環境でVegas Pro 15を使って、Full HD動画を編集することがありますがメモリ容量不足で困ることはありません。)

 

4K動画など高解像度動画の編集には32GB以上が推奨されています。

 

参考:Adobe Premiere Pro必要システム構成

Adobe Premiere Pro 必要システム構成
以下の推奨されるシステム仕様は、ユーザーに最適です。Premiere Pro を実行するには、システムが最小仕様を満たす必要があります。

 

 

一般用途(Officeソフト、インターネット)

Officeソフトやインターネットでのみ使用することを考えている方は最低4GBオススメは8GBです。

 

一般的な行政機関や教育機関で使用されているPCでもOfficeソフトは使えますし、インターネットも問題なく使えていると思います。そのため4GBでも問題はないとは思いますが一度に多くのタブを開くこともあると思うので、やはり8GBがオススメです。

 

メモリの枚数

基本的に2枚または4枚がオススメ
 

ほとんどのマザーボードではデュアルチャンネルといってメモリを二枚一組で動作させています。そのため2枚または4枚で使用することが推奨されています。

 

ハイエンドCPU(Intel Core Xシリーズ、AMD Threadripperシリーズなど)搭載用のマザーボードではデュアルチャンネルではないので注意してください。

それ以外にも異なる場合があるためご使用のマザーボードの製品ページやマニュアルなどを参照ください。

 

しかし1枚や3枚で使用できないというわけではありません。奇数枚でも動かないわけではないのですがPCの性能を十分に生かすことができないのでオススメはできません

 

参考動画

RAM Single Channel vs. Dual Channel | 1×8 or 2×4?

 

 

まとめ

以上に加えて後々メモリ容量が足りなくなった時のためにも1枚当たりの容量が大きいほうが使用するスロットが少なくて済むため、1枚当たり8GB~16GBがオススメです。

 

よって以下の容量、枚数がオススメです。

  容量 枚数
ゲーム 16GB 2枚(8GB×2枚)
動画編集 16~32GB 2枚(8GB or 16GB ×2)or4枚(8GB×4)
一般用途 8GB  
 
一般用途ではメモリの枚数による影響を体感できる事はないと思うのでメモリの枚数は好みに合わせてお選びください

コメント

タイトルとURLをコピーしました